HOME > お子様の矯正治療 > お子様の矯正治療例

お子様の矯正治療例

お子様の矯正は必要に応じて永久歯が生え揃う前から治療を開始する「I 期治療」と、永久歯が生え揃ってから行なう「II 期治療」があります。
お子様の状態で、次の4つに分けられます。

  • I 期治療の必要がなく、永久歯列になってから本格矯正治療(II 期治療)のみで治療を行なう場合
  • I 期治療が必要な場合
  • I 期治療終了後II 期治療の必要がない場合
  • I 期 II 期の治療が必要な場合

お子様の不正咬合がどのような状態なのか、いつ・どのような治療が必要になるのかをあらかじめ把握して、最適な時期に治療を開始できるように、まずは矯正医にご相談下さい。

(治療例)
I期治療を行ない問題点を改善し、II期治療をより質の高いものにした例

▼側貌

側貌 初診時
初診時

側貌 II 期治療開始時
II 期治療開始時

側貌 矯正治療調整終了時
矯正治療終了時

▼初診時

不正咬合 初診時 右側

不正咬合 初診時 正面

不正咬合 初診時 左側

▼II 期治療開始時

不正咬合 II 期治療開始時 右側

不正咬合 II 期治療開始時 正面

不正咬合 II 期治療開始時 左側

▼矯正治療終了時

不正咬合 矯正治療終了時 右側

不正咬合 矯正治療終了時 正面

不正咬合 矯正治療終了時 左側

9歳で来院時に骨格的な上顎前突(上顎骨の成長がよく、奥歯の咬み合わせがズレている)と診断されたため、I 期治療を開始しました。ヘッドギアを装着して上顎骨の成長を抑えました。奥歯のズレを治しII 期治療の質を高めるための準備をしました。
その後、永久歯萌出後、上顎第一小臼歯、下顎第二小臼歯を抜歯して治療を行ないました。

このケースでI 期治療を行なわずに大人になってから矯正治療を行なうと、抜歯の本数が増えたり、治療期間が長期になる、良好な治療結果が得られなくなることが考えられます。

I 期治療開始年齢 9歳5か月(ヘッドギアによる上顎の成長抑制)
II 期治療開始年齢 11歳5か月(抜歯とブラケット装着)
抜歯部位 歯式
治療期間 治療期間
治療結果 上顎の前突が改善して歯並びも整いました。咬み合わせも正しい状態になって、きれいな横顔になっています。

(治療例)上下顎前突 7歳

▼側貌

側貌 初診時
初診時

側貌 矯正治療開始時
矯正治療開始時

側貌 矯正治療調整終了時
矯正治療終了時

▼スマイル

側貌 初診時
初診時

側貌 矯正治療開始時
矯正治療開始時

側貌 矯正治療調整終了時
矯正治療終了時

▼初診時

不正咬合 初診時 右側

不正咬合 初診時 正面

不正咬合 初診時 左側

▼矯正治療開始時

不正咬合 矯正治療開始時 右側

不正咬合 矯正治療開始時 正面

不正咬合 矯正治療開始時 左側

▼矯正治療終了時

不正咬合 矯正治療終了時 右側

不正咬合 矯正治療終了時 正面

不正咬合 矯正治療終了時 左側

歯並びと側貌の改善が主訴で来院されました。
検査診断したところ、早期に解決しなければならない問題は見られず、I期治療の必要はありませんでした。永久歯列萌出まで年に1度の定期観察を行い、5年後12歳で永久歯列が完成したので、抜歯を併用した矯正治療を開始しました。スタンダードエッジワイズ法にて治療。

 

初診時7歳でしたが、側貌の改善を目標に治療した結果、歯並び、咬合は改善され、ご希望通りの整った側貌が得られました。
ご本人ご家族も治療結果に非常に満足しておられるようです。

子供の不正咬合の種類

上記の治療例はI 期治療が有効だった症例ですが、お子様の不正咬合のすべてがI 期治療が必要なわけではありません。症例によって最も効果的な治療のタイミングを見計らうことが重要です。
お子様の不正咬合の代表的なものと治療の目安をご説明します。

お子様の不正咬合

お子様の不正咬合にも様々タイプがあります。参考までに代表的な症例をお見せしましょう。

上の歯が出ているお子様の症例(上顎前突、上突咬合)

上顎前突 治療前 側面

上顎前突 治療前 正面

指しゃぶりなどが原因でこのような症状になることがあります。また、上顎の発育がいい場合、反対に下顎の発育の悪い場合にもこのような状態になります。お口を閉じていることが難しく、口呼吸などの悪習癖の原因となることもあります。永久歯萌出までの経過観察中に前歯をぶつけて折ることも多いので、骨格的なコントロールを含め状況により I 期治療を行なうことがありますが、ほとんどのケースの最終的な治療は II 期治療で行われることになります。

下の歯が出ている、あるいは反対に咬んでいるお子様の症例
(下顎前突、下突咬合)

上顎前突 治療前 側面

上顎前突 治療前 正面

歯の萌出する角度や、ちょっとしたタイミングで反対に咬んでしまうことがあります。また、下顎の発育のいい場合、あるいは上顎の発育の悪い場合にもこのような状態になることがあります。
咬み込むたびに上顎前歯が下顎前歯に内側から強くあたり、外側へ押し出しています。そのために、下顎左側中切歯の歯頚部歯肉は退縮し(下がり)、歯の長さが1本だけ長く見えるほどです。ここの部分は一度悪化させてしまうと回復しにくいところで、この状態が長く続けば、影響は歯肉ばかりでなく歯槽骨、歯牙にまで及ぶことがあります。しかも、この反対の咬み合わせが自然によくなるということはないのです。この状態を放置すると、上顎の発育が抑制されたり、成長とともに下顎の発育の悪化にもつながります。
この時期に大切なことは、すみやかに咬合を改善し、上下の顎の位置が正しい関係で機能できるようにすることです。しかし、あきらかに大きさが違いすぎて骨格的な反対咬合になると予想される場合には、ある程度成長が落ち着くまで経過観察とすることもあります。

咬み合わせが横にズレているお子様の症例(交叉咬合)

上顎前突 治療前 側面

上顎前突 治療前 正面

上顎と下顎の歯列の幅が合わずに、顎が横にズレた状態になっています。特に右側は上顎が下顎の内側に入り込んだ形になっています。このままでは上顎の成長は抑制され、下顎は片側に偏位(ズレ)やすい状態となるため、早期に改善し、正しい状態で機能させることが望ましいでしょう。

前歯が咬み合わないお子様の症例(開咬)

上顎前突 治療前 側面

上顎前突 治療前 正面

奥の歯を咬み合わせても前歯が咬み合わない状態は、指しゃぶりや舌癖により生じることがあります。その場合には指しゃぶりをやめ、舌癖を防止することにより良好な結果が得られますので、年齢にもよりますが、できるだけ早期に中止し、悪習癖がその後の成長に影響を与えないようにすることが望ましいといえます。ところが、見た目は同じような開咬でも、顎の骨が開咬の形に成長していく骨格性のものがあります。この場合には治療法が異なりますので、どのような治療を行なうのが適確なのか、その見極めが大切です。


※ これらの症例はすべてのものがすぐに治療を必要としているわけではありません。しかし、それぞれに問題を抱えており、大きくなるにつれて自然に良くなるとは考えにくいものばかりです。
お子様の不正咬合は、歯のはえかわりの順序のわずかな狂いのために生じるものや、咬み合わせのちょっとした癖が原因で起こるものがあります。また、もともとの歯の大きさや、顎の大きさに起因した生まれつきのものもあります。そのまま大きくなるまで待っていても問題のない場合もあれば、歯のはえかわりや成長発育を利用した早めの治療が必要なケースもあるということです。治すタイミングを見計らうことが重要なのです。

歯科矯正クイン

〒107-0062
東京都港区南青山2-22-2 Queen Bldg 5F

【初診予約相談・お問い合わせ】

TEL:03-3746-8666

休診日:木、日、祝日