HOME > 大人の矯正治療 > 外科矯正のボーダーラインケース

外科矯正のボーダーラインケース

反対咬合(受け口)の治療例から・・・

矯正歯科治療だけで治療ができるの? それとも外科矯正治療も必要なのかしら・・・

このような不安を抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。特に大人の反対咬合は、外科矯正治療でないと治らないとほとんどの方が思われています。確かに症状により外科矯正治療が必要となる場合もありますが、反対咬合だからといって必ずしも外科矯正治療が必要とは限らないのです。ご自分で判断なさらずに、反対咬合の治療についての知識を深めて下さい。そして、ぜひ、あなたも矯正歯科治療にチャレンジしてみてはいかがでしょうか・・・

矯正だけで治療が行なえるかどうかの判断は顔や歯の写真・歯型・様々なレントゲン写真などの資料から総合的に判断されます。特に頭部X線規格写真(セファログラム)というレントゲン写真をもとに上下の顎の骨の位置がどのくらいズレているかにより判断されます。

上下の顎の前後的なズレが、一定範囲内であれば矯正歯科治療のみで治療を行なうことが可能です。そして、その治療による変化は横顔、顔貌までもある程度良好な状態にすることができるのです。矯正歯科治療と外科矯正治療のボーダーラインのケースで、横顔の改善をより積極的に望まれる場合には、外科手術を行なうことも可能です。患者様の希望によりどちらかを選択することになります。

それぞれの患者様により咬合の状態が異なることはいうまでもありません。どこの部分をどのように、どこまで治したいのか、選択した治療方法ではどのような治療結果が得られるのかを十分検討し、治療目標を立て、スタートすることが望ましいといえます。

ここでは反対咬合について取り上げましたが、上の歯が出ている上顎前突の重篤なケースにも同様なことが言えるのです。

治療例

矯正歯科治療単独で治療した症例

上顎前歯部に叢生が認められる反対咬合の症例。上顎と下顎の前後的な骨格のズレはそれほど大きくないと思われたため、矯正歯科治療単独で改善が可能と診断しました。

外科矯正 治療前
治療前

外科矯正 治療後
治療後

セファロ

セファロ

▼治療前

外科矯正 治療前 右側

外科矯正 治療前 正面

外科矯正 治療前 左側

▼治療後

外科矯正 治療後 右側

外科矯正 治療後 正面

外科矯正 治療後 左側

治療開始時年令 33歳5カ月
抜歯部位 抜歯部位の歯式
予定治療期間 24カ月
治療期間 22カ月
治療結果 反対の咬み合わせは改善し、良好な咬合となりました。反対咬合特有の下顎が突出した側貌は外科手術することなく美しい横顔となりました。

歯科矯正クイン

〒107-0062
東京都港区南青山2-22-2 Queen Bldg 5F

【初診予約相談・お問い合わせ】

TEL:03-3746-8666

休診日:木、日、祝日